【オーストラリアお土産 おすすめ5選】バラマキにも ローカルに人気で おしゃれでコスパ抜群なアイテム 

オーストラリア
スポンサーリンク

オーストラリア定番土産といえば

ティムタム|マカデミアナッツ|ワイン🍷|アボリジニーアート|プロポリス🐝|自然派化粧品 などなど

色々と有名なものがあります。でも、あまりに定番過ぎて、日本でも手に入るものもあったりするので、あまりレア感がないのも事実。

オーストラリアに長年暮らした103ならではの、ユニークなアイテム・アイデアをおすすめします!年に何度かの帰国を10年以上繰り返していたら、本当にネタがなくなるのです (涙)

なので、相手が本当に喜んでいるお土産はリピート土産になっていきます。それが意外に、日常生活で必要なものなんですよね。

スポンサーリンク

お土産購入場所 空港では遅い!スーパーがおすすめ Coles & woolworth

せっかくの観光時間を割いてばらまき土産などを買うのがもったいない〜というのが本音ではないでしょうか。

もちろん、

時間ないし、空港で最後に一気買いになりそう。。。

お土産屋さんにオススメを選んでもらおう

オンラインで事前購入しておこうかしら

などなど、手を抜いちゃいたいですよね。

だから、スーパーマーケットがおすすめなんです。

オーストラリアのスーパーは、棚も高くって、広い通路、明るい照明、色とりどりのパッケージが並ぶワクワクの場所なんです。だから、お土産選びも楽しくなること間違いなし!観光の合間、もしくはスーパーめぐりを観光にしてしまうのです。

おすすめのスーパーマーケット

  • Woolworth 緑色のWのロゴが目印 呼び名は『ウーリー』
  • Coles 赤色のロゴが目印
  • IGA 地方に多い中規模スーパー
  • Aldi ヨーロッパからやってきたディスカウントストア 

以上、4店がオーストラリアでよく見かけるスーパーです。

ご自身のホテルの近くのお店を見つけてください。GoogleMapで店名(例えばColesとか)を入力すれば、近くの店舗を見つけてくれるはず。多くの大型店が朝6時や8時から夜中0時ぐらいまで営業している事がありますので、観光の前後のスキマ時間を有効活用できますね。

好評 人気オーストラリア土産 5選

(1) オーストラリアで一番人気のお菓子 TimTam以外のArnotts社のお菓子

日本でも下手したらスーパーで購入可能な大人気商品のTimTam。オーストラリアのデザート界の王者です。

このTimTamを販売しているのがここArnott’s社👇

Arnott's

もちろん、TimTamもオーストラリア人が大好きなお菓子なのですが、意外にこちらの会社が販売している数々のラインアップのお菓子が美味しくておすすめなんです。

TimTamも、たくさんの味を出していて、オーストラリア現地でしか買えないバージョンも日々発売されていますが、何せチョコレートって言うのがネックになる事があるんですよ。真夏の40度以上のなか、チョコを持って回ると冗談でなく「溶けちゃった」って言うお話は結構聞きました。

ラズベリージャムと砂糖のコーティングが絶妙
可愛らしいパッケージで女子向け
キッズが喜ぶクマのクッキー 味のバラエティも有
シンプルで濃厚なバター味がコーヒーに合う
上品なクリーム入りの紅茶に合うクッキー

これは、 Arnotts社の製品のおすすめの一部です。とにかく、たくさんの種類のお菓子が販売されています。

TimTamで有名なお菓子会社のローカルに人気のお菓子だよ!って、お友達にあげたら喜ばれる事間違い無しです。

(2) オーストラリアのBBQで欠かせない オリーブオイル スプレータイプ

BBQ好きのオーストラリアの家庭には必ず1本常備しているのがスプレータイプのオリーブオイルです。

鉄板にオージービーフを焼く前に、さーっとふりかけて使います。もちろん、フライパンで利用している人もいますし、軽く油を敷きたい時に大変便利です。私の家族も、「またスプレー買ってきて」って毎回頼んできます。リピーターで大ファンです。

日本で輸入品を買おうと思うとまあまあの値段がするので、現地スーパーで賢くおしゃれに購入しちゃいましょう。

(3) 日本ではレア? 味つけシーチキンはオーストラリアの食卓の味方

オーストラリアにはたくさんの味付けツナ缶が売っています。日本でなぜあまり見かけないのだろうと不思議なくらい、当たり前の様にこれでもかっという種類のツナ缶をスーパーで見かけます。しかも、お値段も1缶A$1を切るぐらいのばら撒きにもおすすめの価格。

その中でも有名なメーカーがこちら👇

Tuna | Products | John West
Tuna

それぞれのスーパーでも自社ブランドのものも発売しているので、とにかく種類は多いです。

チリ、カレー、バジル、ガーリック、オニオン、粒マスタード、トマトなどなど

最近、世界の味シリーズで、インドネシア味や韓国味なども販売されていましたが、こちらは美味しくなかったです。。。なので、普通に、自分で想像がつく味を選んでみてください。世界の味シリーズ以外は間違いなしです!

私の親の同僚がこのツナ缶をいつも欲しがります。くせになるのかもしれません。これが、1缶あれば、困った時にパンでもパスタでもなんでも使えて大変便利です。小さいので、かさばらないといのが、お土産事情を考えると一番の強みかも。

(4) オージーBBQソース 冷蔵庫に一本!とんかつソース的なお味

ご家庭の冷蔵庫の常備品は、日本ではとんかつソースやケチャップやマヨネーズでしょうか?オーストラリアでは、どのソース類よりも人気なのがBBQソースと呼ばれる甘いソース。

日本の醤油の様に、何にでも登場する傾向があります。高級レストランでない限り、ステーキを頼むと、塩胡椒とこのBBQソースで味をつける様に促されます。

味はお好み焼きのソースを、もうすこしトマト味を強めた感じでしょうか。オーストラリアを旅行していて、このBBQソースに出会わないことは無いと思うので、きっと、皆さんも味見をする機会はあるはず。気に入ったら、ぜひ、お土産に!

ちなみに、日本でいうケチャップですが、オーストラリアではトマトソースと呼ばれます。実際、オージーによれば、ケチャップとトマトソースは全く別物ということで、トマトソースをお土産にする手もあります。幾分、甘めのケチャップより酸っぱ味が強いのがトマトソースなのかなって思いますが、そこまでオーストラリア人がこだわるほどの味の違いがわかりませんが、話のネタにはなりますね。スーパーに置いてあるものはほぼトマトソースです。

(5) パンケーキミックス billsみたいなオーストラリアの朝食で大活躍!ケーキ作りにも

オーストラリアと言えば、朝食革命を起こしたと言われるbillsが有名ですが、そのオーストラリアには簡単に家庭でもパンケーキを作ることができる魔法の粉がスーパーで売っています。

魔法と言っても、ただのホットケーキミックスと同じなんでしょうが、このボトルにメモリまで水を入れてシャカシャカとボトルを振るだけで、パンケーキの種が出来上がる優れものなんです。簡単で面白いので、キッズでも料理が体験できて、オーストラリアファミリーの強い味方。子供さんが居るご家庭にお土産としていつも持って帰りますが、これは本当に好評です。

お値段はスーパーブランドならA$1.5ぐらいからかなりお値打ち価格で販売しています。重さもとっても軽い!ただ、少しだけかさばるのでスーツケースにスペースを残しておきましょう。

オーストラリア旅行を成功させよう!お土産選びも楽しくなくちゃ 

以上、オーストラリアでローカルにも人気な、今のオーストラリアの生活と切っても切り離せないオシャレなアイテムをご紹介しました。お友達にお土産としてプレゼントしても喜ばれるし、ぜひ、ご自身のお土産にもお持ち帰りください。スーパーでも手軽に見つけることができるので、お土産選びも楽しくなること間違いなしです!


タイトルとURLをコピーしました