【キューバ 観光 おすすめモデルコース】世界遺産やチェゲバラに出会う旅 (2) モデルルートはこれだ!

アメリカ大陸
スポンサーリンク

一生に一度は訪れてみたい国の一つである世界中のトラベラーに人気のキューバについて、アクセスやビザについてこちらの記事↓でまとめてみました。次は、私たちGetbusylivingworldが実際に立てた4泊5日のキューバ旅についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

キューバ おすすめモデルルート ハバナ トリニダー & サンタクララ

時間が許されたならもっと訪れてみたい都市はあったものの、限られた中でGetbusylivingworldが選んだ都市はこちら。

  • ハバナ
  • サンタクララ
  • トリニダー

下記がもう少し詳しい日程です。

日程
1日目午後ハバナ着 
2日目午前ハバナ観光 午後サンタクララ着
3日目午前サンタクララ観光地 午後トリニダー着
4日目午前トリニダー観光 午後シエンフエゴス観光 夜ハバナ着
5日目午前ハバナ発
ハバナ ここは外せない 
  • アクセスの拠点になるのでキューバへインとアウトのフライトを考えてもハバナ抜きには考えらえない
  • キューバらしさを感じることができる都市
  • 他の都市より発達しているので観光がしやすい
サンタクララ チェゲバラゆかりの都市
  • 革命家チェゲバラのお墓や博物館がある
トリニダー 世界遺産の美しい町
  • 世界遺産に登録されている古都
  • 石畳とカラフルな家々が保存されている

キューバで必ず訪れたかった都市が上記3都市でした。ルート上、もう一つの世界遺産都市シエンフエゴスも通過しましたが、こちらは時間が許せば行くという程度で良い中規模都市でした。ハバナほど大きくないし、トリニダーほど歴史を感じさせる雰囲気はなかったです。

また、他にも人気のリゾート地のバラデロも候補でしたが、リゾートなら他国でも味わえるのではないかと思い今回は断念しました。特に、キューバへはメキシコのカンクン経由で行く予定でしたのでせっかくならキューバに来てまでリゾートにこだわることはないのかという思いです。

結果的に、この3都市(ハバナ、サンタクララとトリニダー)を回るルートで大満足です。

キューバ移動術 バスとタクシーを使え

意外(?)と問題なく快適に移動手段としておすすめしたいのがバス移動。世界旅行の間でもっとオンボロのバスに乗った経験があるので、キューバのバスはむしろ快適だったと言えます。

キューバのバスの予約はここ
ハバナーサンタクララ3時間半US$18
サンタクララートリニダー3時間US$8
シエンフエゴスーハバナ4時間半US$20
*値段は一人の値段

上記がGetbusylivingworldが購入したバスチケットです。トリニダーからシエンフエゴスはバスがSold Outだったため現地でトリニダーの宿の主人にタクシーを手配してもらいました。タクシーで2時間ぐらいでUS$50ほどでした。バスが取れたらそちらの方が断然安いです。

日本を移動している感覚と変わりません。都市間も距離がさほど長くないので移動は単純かと思います。例えば、Getbusylivingworldの場合は朝からハバナを観光した後、夕方前にサンタクララに向けて出発すれば夕方ごろにはサンタクララ到着。夜のサンタクララの観光も可能でした。キューバは小さな国なので、時間が限られた方でも数都市観光が可能なのです。

キューバ ホテル事情 難しかった宿探し Airbnbが解決のキー

通常は海外旅行ではBooking.comやHotels.com、または航空会社のホテルサイトなどから宿を予約して行くのですがキューバのホテルがなかなか販売されてないのです。アメリカ資本が絡むと何か障壁があるようです。キューバはホテルより民泊(CASA)が主流なのでGetbusylivingworldも民泊を利用することに。そこでお世話になったのがAirbnbです。普通にたくさんの宿が登録されてますので、大変便利です。

ハバナでは70代のおじいさんの4階の部屋にお世話になりましたが、スペインに住む娘さんがAirbnbのサイトでご両親の宿の予約管理をしているとのことでした。息子さんもマイアミに住んでいたり、キューバを後にしている若者も多いようですね。

そう、このような人との出会いが素敵なのが民泊の素晴らしさです。キューバに行く時はぜひ民泊をおすすめします。

今回はキューバの日程作り、移動、そして宿泊についてまとめました。次は、各都市の観光案内です。

タイトルとURLをコピーしました